最新ニュース

ニュース&アワード

GHMの新しい最高経営責任者にTommy Laiが就任

2018年11月6日

シンガポール(2018年11月6日)—アラビア半島における新しいリゾートのグランド・オープニングを間近に控え、26年にわたる事業展開に新たな局面を迎えつつあるラグジュアリー・ホテル・グループ、GHMでは最高経営責任者にTommy Laiを迎えることを決定いたしました。 シンガポール出身のLaiは、GHMの共同創立者で取締役社長のHans R. Jenniが現在統括している業務の一部を引き継ぐと同時に新しい好機を開発、展開させ、GHMの総合的な成長戦略を率います。 Jenniは次のように説明します。「詳細は今後数カ月に発表されますが、会社は今、新しい重要な展開を迎えようとしています」。「Tommyの就任は時宜にかなったものであると同時に、戦略的なものでもあります。彼の経験と知識、特に北アジア市場に関するそれは同地域における成長強化をめざす当社の計画にぴったりとマッチするものだからです。」 LaiはGHM入社前はタイに本拠を置くOnyx Hospitality Groupに勤務。6年間にわたり香港から北アジア事業を統率しました。ホスピタリティ業界に関する総合的な知識、キャリア全般を通しプロフェッショナリズムを追求する情熱が高く買われ、今回の就任となりました。 「ホスピタリティ業界で仕事を始めて以来のGHMの熱心なファンで、各地のアイコニックなホテルの素晴らしさはよく知っています」と Laiは語ります。「堅固な基盤と強みを生かし、GHMはアジア的なルーツとデザイン要素を維持しつつ、究極のラグジュアリーとスタイルを求める富裕層マーケットでさらに注目を浴びる展開が可能だと信じています。 さらに多くのロケーションでGHMの物件を展開し、GHMの成長の一翼を担えることを大変うれしく思います」。 GHMは現在、アジア、ヨーロッパ、中東でホテルを展開しています。現在最も注目すべき地域が中東で、シャールジャのアル・バイトのオープニング、さらに発表間近な複数のプロジェクトなどニュースが目白押しです。中国での事業展開も深化しており、新しいブランド、Ahn Luh(安麓)リゾーツ&レジデンセスでの開発と展開が進んでいます。この新しいホテルグループは上海、杭州市、紹興市の3か所でホテルをオープンしており、来年には江蘇省、2021年には湖北省と広東省で新たな物件をオープンの予定です。GHMではTin Hotels の開発・経営にも関わっており、グループの開発パイプラインを加速するもう一つのプラットフォームとなっています。 ...

Key to Al Bait

2018年07月10日

シャールジャ、UAE – GHMが運営する高級ホテル・リゾート・グループ・コレクションに新しい物件が加わりました。アラブ首長国連邦(UAE)のアル・バイト・シャールジャにオープンします。ドバイからアラビア半島南岸沿いにわずか25km、シャールジャは6,000年の歴史があり、アラブ首長国連邦の文化の都と呼ばれています。魅力あるスークや興味深いミュージアム、雄大な山々と美しい海岸線。アラビア半島の中でも最も古くから栄えた地域の一つ、シャールジャは国際的な旅行者を引きつける様々な可能性に満ちたロケーションです。   国際的なアート・シーンでも注目されつつあるシャールジャでは文化的なルネッサンスが進行中で、その展開も目を離せません。 「家」を意味する「アル・バイト」はシャールジャにおける高級リゾートの概念を一新し、ラグジュアリー・リゾートの世界的なマップにシャールジャという地名を加えることになることでしょう。ブティックホテルを思わせるこじんまりとしたリゾートは53の贅沢な客室とスイートで構成されます。リゾート内のアメニティ施設には高級感溢れるハマム、地元の味や国際的な料理を提供する様々なレストランが含まれます。アル・バイト・シャールジャは「シャールジャのハート」として知られるUAEで最も野心的な歴史復興プロジェクトの一環として位置付けられており、同国の有力部族の屋敷跡に残る基部の上に伝統的なシャールジャの建築様式で建てられたものです。「シャールジャのハート」プロジェクトは伝統的な旧市街地を活性化し、かつての栄華を蘇らせることを目的にしており、レストラン、カフェ、アートギャラリー、バザールなどを充実させることで、旅行者にUAEの文化を肌で感じていただくものです。 リゾート総支配人、Patrick Moukarzelは次のように語りました。「GHM は首長国連邦におけるラグジュアリー・リゾート導入の先頭を歩んでおり、今回のオープニングにより、現代的な旅行者にシャールジャの豊かな歴史をご紹介できることになりました。   GHMがオマーンで展開するChedi Muscatはすでに様々なアワードを受賞し、大きな成功を収めていますが、今回のオープニングでアラビアの伝統をアピールする新たな高級リゾートがGHMのポートフォリオに加わったことになります。  他に類のない本物のアラビアを体験していただけるアル・バイトにお客様をお迎えできることを心待ちにしています」。 本物の「現地体験」を求める旅行者が増える中、アル・バイト・シャールジャの絶好のロケーションは現地の探訪を求める旅行者にとって大きな魅力であり、高級リゾートとしてのプロフィールを世界的にアピールすることになるでしょう。シャールジャではまた、  F1パワーボート世界選手権、ドバイ競馬ワールドカップなどのスポーツ競技、中東で最も有名な美術展の一つ、シャールジャ・ビエンナーレが開催されます。 アル・バイト・シャールジャに関する詳しい情報はwww.albaitsharjah.comでご覧ください。 ...

The Chedi Club Ubud 、バリ島を上空から楽しむバルーン フライトを開始

2018年06月11日

バリ島でのアドベンチャーに新たなオプションが加わりました。ウブドのThe Chedi Club Tanah Gajah  敷地内に停留された23メートルの熱気球が、一日に3回、取り付けられた籐製のカゴにお客様をお乗せして大空に舞い上がります。 今では世界中の景勝地で人気のあるバルーンツアーですが、ここ数年、バリ島では実施されていませんでした。The Chedi Club がご提供するこの係留バルーンフライトは神々の島バリを空から展望する唯一のチャンス。また、リゾートが企画運営する初めてのイニシアチブです。 「ビーチ、寺院、火山、水田、影絵芝居、伝統舞踏、聖なる森…。バリ島には全てありますが、唯一の例外がバルーンから見下ろす展望でした」と、The Chedi Club Ubud総支配人 Deasy Swandariniは語っています。「ウブドの大自然の美しさを上空から堪能していただけるチャンスです」。 リゾート内の水田に係留された熱気球は上空50メートルに上昇し、そのまま浮遊。お客様は飲み物を楽しみながら、アグン山を遠望し、足元に広がるウブドの森、 The Chedi Clubのある5ヘクタールのHendra Hadiprana氏の所有地を見渡すことができます。 「同じ風景はドローン撮影された画像でも見ることができますが、自分の目で実際に見るのとは全く違います」とSwandarini。 バルーンは資格のあるパイロットが操縦。夜明け、夕刻、月の出後の時間帯がお選びいただけます。最大収容人数は大人2名様と12歳未満のお子様2名ですが、総体重が230kgを超えないものとさせていただきます。 フライト時間は5分から7分。夜明けのフライトと夕刻のフライトはそれぞれフライト前後の朝食、アフタヌーンティ2名様込みで US $150 。夜のフライトは大人2名様のディナー込みでUS $200 です。The...

  • GHM ニュースレター購読