最新ニュース

ニュース&アワード

GHM、新しいジョイントベンチャーで中間層市場へ進出

2016年08月25日

シンガポール — GHMはこのたび、中間層市場向けブランド、Tin Hotelsの開発に関するパートナーシップ契約を van de Bunt Partnersと結んだことを発表しました。GHMにとってマイルストーンとなるこの展開ですが、中間層向けライフスタイル型トラベル市場に大変革をもたらすことが期待されます。最高級ホテル運営業者による中間層市場への参入という今回の動きは、主要市場におけるターゲット層の人口構成と旅行に関する嗜好性、そして、現在の市場状況へのGHMならではの専門知識の適用という二つの要素に下支えされています。 「現状にチャレンジし、中間層市場にエクセレンスとスタイルをもたらしたい、と考えました。ただ、泊まるだけの場所ではなく、ソーシャル・ハブとして人々を結びつける場所、おしゃれで注目される場所、そんなホテルを作ってゆきます」とGHMの共同創設者で取締役社長のHans R. Jenniは語っています。「GHMにとっても、新しい一歩が始まります」 Tin Hotelsのコンセプトは、世界中で拡大する中間層人口とミレニアル世代の消費行動、つまり、製品やサービスを越え、体験を実現することをバリュー・ポイントとし、ライフスタイルの一部として旅行を捉える消費者層に対応するものです。Tin Hotelsがターゲットとするのがこのニッチ市場です。このような裾野の広いコンセプトとともにTin Hotelsが投資家にとっても魅力的な理由が、企画第一段階から収益性を最優先し、効率性を最適化ていることです。 van de Bunt Partners代表取締役のPeter van de Buntは次のように説明しています。「GHMは最高級ホテル市場における革新、デザイン性、エレガンスで高い評価を得ています。GHMと Tin Hotels との今回の提携により、月並みになりがちな中級ホテル市場に彼らの専門知識が生かされることになるでしょう」より規模が大きい新しい市場での展開とあって、契約調印にあたっては数ヶ月にわたる調査と準備が行われました。 Tin Hotels チームはスピーディーな展開を目ざしており、ドバイとオマーンを皮切りに、今後数年でアラビア湾沿岸全地域に進出し、2022年には35軒の展開を予定しています。  # #...

The Chedi、モンテネグロの ルシュティツァ・ベイ複合施設でリゾート開発に着手

2016年08月11日

シンガポール – Orascom Development Holding AG(ODH)の子会社である Luštica Development ADは先日、モンテネグロ海岸部、ヨーロッパの秘境として最近注目を浴びつつあるルシュティツァ・ベイにThe Chediブランドのホテルを建設する、GHM とのパートナーシップを発表しました。The Chedi Luštica Bayは、ルシュティツァ湾の中心部、マリーナとアドリア海を見渡す絶好地に建設される予定です。 最初の住民を迎えてからまだ1年のルシュティツァ湾開発地区ですが、人気が高まりつつあるこの海辺の総合開発地区に新たな高級物件が加わることになります。The Chedi ブランドは、同地区に建築が予定されている7つのホテルのうち、最初に建設が開始されるホテルであるだけでなく、総額11億ユーロに相当する700万平方メートルという広大なニュータウンに建設される最初の建物でもあります。アドリア海に面した大自然の残る未開発地に、大規模な高級住宅地を含め、高級ブランドの粋を集めた複合施設開発するこの計画は、ラグジュアリーなライフスタイルを新たに定義する画期的なコンセプトです。 The Chedi Luštica Bay はボカ・ベイ地区最大の5つ星ホテルで、110の客室、2つのレストランとバー、会議室やビジネスセンター、屋外スイミングプール、スパ、屋内温水プール、フィットネスセンター等から構成されます。  Luštica Bay プロジェクトはヨーロッパにおける2番目のThe Chedi ブランド・ホテルです。GHM と ODH の協力関係は、スイス・アルプス山間部、アンデルマットにおける通年対応型ラグジュアリー・ホテルの建設に始まります。今回のThe...

GHM、高級ホテル&ブランドレポートで上位ランキングを達成

2016年08月1日

GHMは、ReviewProが最近発表した、2016 年版高級ホテル&ブランドレポート(Top Luxury Hotel & Brand Report)の小規模ブランド部門で第5位にランキングされ、ザ・ペニンシュラ・ホテルズ、ラッフルズ ホテルズ&リゾーツ、ブルガリ ホテルズ&リゾーツを抜く快挙を達成しました。ReviewProでは、業界標準のオンライン評価ベンチマークとして知られる同社のGlobal Review Index(GRI) のスコアをもとに、20館未満のホテルを擁する小規模ブランドのうち、122のブランドを分析しました。 今回が3度目になるReviewProの分析レポートですが、前回に比べ、小規模高級ブランドのスタンダードが大きく上昇し、2016年のリストでは上位25位までのホテルが92%以上のGRIスコアを達成したと報告しています。評価項目にはサービス、バリュー、ロケーション、清潔さ、客室などが含まれ、本カテゴリーのホテルではサービスの質の良さが特に際立っていました。GHMのスコアは96%で、第5位にランキングされました。清潔さに対する評価は特に高く、項目別では第1位と僅差で第2位になりました。 ...

  • GHM ニュースレター購読
予約