最新ニュース

ニュース&アワード

The Chedi Club Ubud 、バリ島を上空から楽しむバルーン フライトを開始

2018年06月11日

バリ島でのアドベンチャーに新たなオプションが加わりました。ウブドのThe Chedi Club Tanah Gajah  敷地内に停留された23メートルの熱気球が、一日に3回、取り付けられた籐製のカゴにお客様をお乗せして大空に舞い上がります。 今では世界中の景勝地で人気のあるバルーンツアーですが、ここ数年、バリ島では実施されていませんでした。The Chedi Club がご提供するこの係留バルーンフライトは神々の島バリを空から展望する唯一のチャンス。また、リゾートが企画運営する初めてのイニシアチブです。 「ビーチ、寺院、火山、水田、影絵芝居、伝統舞踏、聖なる森…。バリ島には全てありますが、唯一の例外がバルーンから見下ろす展望でした」と、The Chedi Club Ubud総支配人 Deasy Swandariniは語っています。「ウブドの大自然の美しさを上空から堪能していただけるチャンスです」。 リゾート内の水田に係留された熱気球は上空50メートルに上昇し、そのまま浮遊。お客様は飲み物を楽しみながら、アグン山を遠望し、足元に広がるウブドの森、 The Chedi Clubのある5ヘクタールのHendra Hadiprana氏の所有地を見渡すことができます。 「同じ風景はドローン撮影された画像でも見ることができますが、自分の目で実際に見るのとは全く違います」とSwandarini。 バルーンは資格のあるパイロットが操縦。夜明け、夕刻、月の出後の時間帯がお選びいただけます。最大収容人数は大人2名様と12歳未満のお子様2名ですが、総体重が230kgを超えないものとさせていただきます。 フライト時間は5分から7分。夜明けのフライトと夕刻のフライトはそれぞれフライト前後の朝食、アフタヌーンティ2名様込みで US $150 。夜のフライトは大人2名様のディナー込みでUS $200 です。The...

TIN Hotels、 「神の地」でホテル事業展開を発表

2018年03月20日

General Hotel Management Ltd (GHM) と Van de Bunt Partners との合弁企業、TIN Hotels International Group Ltdはこの度、中国のTibet Da’ji Hotel Co. Ltd.とチベット自治区における新世代のホテル運営に関する合意に達しました。チベット仏教文化圏の中心であり、現在でもなお世界の秘境として旅行者を魅了するラサに開業予定のこのホテルは、従来の宿泊施設とはまったく異なる「つながり」の場所。現地の文化遺産と暮らしに敏感でありながら、訪れる方々の心に響き、ウェルネスを実感していただける場所。まさに、TIN Hotels がホスピタリティー業界にご提案する新しい旅のかたちが凝縮した空間と言えるでしょう。 およそ29,000平方メートルの6階建複合施設の中核として建設されるTIN Lhasaはトゥルナン寺(ジョカン寺)、八角街、ポタラ宮など、観光スポットにも近い絶好ロケーションを誇り、宿泊のお客様はホテルから一歩外に出たその瞬間から本物の現地の雰囲気をご体験いただけます。ホテルの施設とアメニティはTIN Hotels のブランドポリシーに従ったもので、ただ休む場所以上の何かをお求めの洗練された旅行者に他では味わえない特別な空間をご提供することを主眼としています。地元コミュニティとのリアルな出会いが可能なソーシャルスペースとして機能することで、新鮮な驚きに満ち、新たな視点をもたらす発見の旅がご体験いただけます。 TIN Lhasa にご到着のお客様がまず体験するのが、ヒマラヤ芸術で飾られた、まるでミュージアムのような歴史と文化を肌で感じることのできる空間です。フロントを後にさらに進めば、そこは人々の交流を促すようなオープンコンセプトの共用エリア。その中心に置かれているのが、会話とともに本格的なクラフトフードや各種高級ティーがお楽しみいただけるメイン・レストランです。ミーティング、会議室エリアには地元ビジネスコミュニティが自由に利用できるシェアリング・ワークスペースも併設されます。旅行者の方に特におすすめなのが屋上のティーハウス。雄大な山々を背景にそびえ立つポタラ宮を展望しながら香り高いお茶がお楽しみいただけます。...

GHM、Al Bait オープニング統括役にMoukarzel を起用

2018年02月21日

General Hotel Management Ltd. (GHM) はこの度、アラブ首長国連邦で三番目に大きなシャルジャ首長国に年内オープン予定の53室のラグジュアリー・ホテル、Al Bait Sharjah の総支配人として Patrick Moukarzel の就任を正式に決定いたしました。 フランス出身で、アラビア語を含め3カ国語に堪能な Moukarzel にとって今回の就任は、ある意味、古巣への帰郷とも言えるものです。Moukarzel は2006年に GHM に入社。The Chedi Muscat のフード・ビバレッジ・マネジャーから出発し、2012年までにはタイや中国で GHM グループが展開するラグジュアリー・ホテルの総支配人を務めるまでにホテル経営に頭角を現しました。 2012年に中国蘇州市で総支配人を勤めた後 GHM を退社。その後、マレーシア、ペナンの高級ホテルで運営手腕を発揮し、モルディブのラグジュアリー・リゾート Soneva Jani では建設後期からオープニングまでの事業統括を指揮しました。 「Patrick は詳細を見極め、問題を解決する能力に特に優れています。青写真に描かれたラグジュアリー・ホテルの理想像を実際のゲスト体験へと昇華させるすべての技を知り抜いた男です」と...

  • GHM ニュースレター購読
Reservations
°C °F